新着記事
 iTunes Store(Japan)


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。

2006年12月24日

Oricon洋楽アルバムチャート (2006 Year-End)

Oricon洋楽アルバム年間チャート2006

ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~

01. Beautiful Songs / Various Artists (713,000 copies)
02. Daniel Powter / Daniel Powter (584,000 copies)
03. Curtain Call: The Hits / Eminem (426,000 copies)
04. Amarantine / Enya (390,000 copies)
05. Stadium Arcadium / Red Hot Chili Peppers (388,000 copies)

06. Diva: The Singles Collection / Sarah Brightman (362,000 copies)
07. Confessions On A Dancefloor / Madonna (360,000 copies)
08. Back To Bedlam / James Blunt (334,000 copies)
09. The Dutchess / Fergie (260,000 copies)
10. #1's / Destiny's Child (227,000 copies)
11. B'Day / Beyonce (226,000 copies)
12. In My Own Words / Ne-Yo (218,000 copies)
13. High Times: Singles 1992-2006 / Jamiroquai (186,000 copies)
14. Celtic Woman / Celtic Woman (184,000 copies)
15. Stop The Clocks / Oasis (177,000 copies)
16. A Girl Like Me / Rihanna (164,000 copies)
17. Love / The Beatles (153,000 copies)
18. DJ Kaori's Inmix U / Various Artists (138,000 copies)
19. Hime Trance / Various Artists (131,000 copies)
20. The Open Door / Evanescence (124,000 copies)
21. Addicted / Sweetbox (121,000 copies)
22. What's Up?: R&B Greatest Hits / Various Artists (113,000 copies)
23. Curious George (Soundtrack) / Jack Johnson (105,000 copies)
24. Let Go / Kierra Kiki Sheard (103,000 copies)
25. Whatever People Say I Am, That's What I'm Not / The Arctic Monkeys (101,000 copies)
26. Broadcast To The World / Zebrahead (101,000 copies)
27. Monkey Business / The Black Eyed Peas (101,000 copies)
28. Back To Basics / Christina Aguilera (100,000 copies)
29. Jukebox / Bent Fabric (100,000 copies)
30. What's Up?: Hip Hop Greatest Hits 4 / Various Artists (98,000 copies)


2006年の洋楽チャートを制したのはBeautiful Songs。洋楽の美しい楽曲ばかりを集めたコンピアルバムなのですが、ダニエル・パウターやジェイムス・ブラントが今年ヒットしたこともあって、週を追うごとに注目を集めて、週間総合チャートでも1位を獲得したこともありましたし、とにかく洋楽初心者にはぴったりなアルバムでしたね。ただ、このアルバムの2番煎じは決してヒットしないでしょうし、今年だから大ヒットしたのだと思います。このアルバムの全曲視聴に関しては→オムニバス視聴 : Beautiful Songs - ココロデ キク ウタ -

2位はダニエル・パウターのデビューアルバムDaniel Powter。6,7回も来日して、今年最も来日を果たした洋楽アーティストだと思いますが、日本のテレビであんなにBad Dayを聴けるとは思いもしませんでした。色んな番組の中で、Bad Dayが使われていましたし、今年の日本の洋楽シーンで最も活躍したアーティストと間違いなく言えます。8位に入ったジェイムス・ブラントもとにかくYou're BeautifulがCMソング、主題歌、番組挿入歌など色々使われてて、Bad Dayに続いて今年印象に残った曲ということになると思われます。

今年はアーティストが来日してテレビ番組に出演するということが多かったように思えますし、テレビの効果でのヒットというのが結構あったなと感じました。14位のケルティック・ウーマンは荒川静香効果でヒットするという意外なヒットもあって、スポーツからのヒットがあったのは面白かったですね。去年は面白系が流行りで、今年はきれいな曲というのがヒットにつながったし、来年は何がヒットするのか分かりませんが、来年洋楽で何が流行るのか楽しみですね。

適当なランキングレビュー読んでくれてありがとうございます。少しでも参考になったと思った方は人気ブログランキングのクリックをお願いします。

ダニエル・パウター(スペシャル・エディション)(DVD付)ダニエル・パウター(スペシャル・エディション)(DVD付)
ダニエル・パウター

by G-Tools
カーテン・コール。~ザ・ヒッツ デラックス・エディションカーテン・コール。~ザ・ヒッツ デラックス・エディション
エミネム ダイド

by G-Tools




もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。

posted by ブッチ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Year-End Chart
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。