新着記事
 iTunes Store(Japan)


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。

2006年01月14日

UK Airplay & Downloads Chart (2005 Year-End)

UK Airplay 2005 Year-End Chart top 10

yourebeautiful.jpg

01. You're Beautiful / James Blunt
02. Shiver / Natalie Imbruglia
03. Bad Day / Daniel Powter
04. Speed Of Sound / Coldplay
05. In The Morning / The Coral
06. Filthy/Gorgeous / Scissor Sisters
07. Let Me Love You / Mario
08. Crazy Chick / Charlotte Church
09. This Is The Last Time / Keane
10. Signs / Snoop Dogg Featuring Justin Timberlake & Charlie Wilson


エアプレイで一番人気だったのがジェイムス・ブラントのYou're Beautiful。イギリスに住んでる人からコメントしてくれてたんですが、毎日のようにかかってたみたいですし、納得の1位でしょうね。トップ3はシンガーソングライターが占めるので、去年を象徴してるともいえるかも。

UK Downloads 2005 Year-End Chart top 10

yourebeautiful.jpg

01. You're Beautiful / James Blunt
02. Hung Up / Madonna
03. Bad Day / Daniel Powter
04. Push The Button / Sugababes
05. Feel Good Inc. / Gorillaz
06. Don't Cha / The Pussycat Dolls Featuring Busta Rhymes
07. That's My Goal / Shayne Ward
08. (Is This The Way To) Amarillo / Tony Christie Featuring Peter Kay
09. Gold Digger / Kanye West Featuring Jamie Foxx
10. I Like The Way / Bodyrockers


ダウンロードでもジェイムス・ブラントが1位。ヨーロッパの年間ダウンロードチャートでも1位だったので、当然なんですが、エアプレイとの2冠だし凄いですよね。最初アルバムリリースしてから半年後にヒットしたので、時間はかかったけど、売れるべくして売れたのでしょう。今は世界各国で人気急上昇中だし、ここまでの存在になるとは思わなかったな〜。ブッチの目の付け所が良かったってことかな?(笑)

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 18:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | Year-End Chart

2006年01月07日

BBC UK Singles Chart (2005 Year-End)

BBC Uk Singles Year-End Chart top 50

isthisthewaytoamarillo.jpg

01. (Is This The Way To) Amarillo / Tony Christie Featuring Peter Kay
02. That's My Goal / Shayne Ward
03. Axel F / Crazy Frog
04. You're Beautiful / James Blunt
05. Don't Cha / The Pussycat Dolls Featuring Busta Rhymes
06. All About You/You've Got A Friend / McFly
07. Lonely / Akon
08. Hung Up / Madonna
09. You Raise Me Up / Westlife
10. Push The Button / Sugababes
11. Bad Day / Daniel Powter
12. JCB Song / Nizlopi
13. Ghetto Gospel / 2Pac Featuring Elton John
14. Feel Good Inc. / Gorillaz
15. Switch / Will Smith
16. I Like The Way / Bodyrockers
17. I Bet You Look Good On The Dance Floor / The Arctic Monkeys
18. Tripping / Robbie Williams
19. Signs / Snoop Dogg Featuring Justin Timberlake & Charlie Wilson
20. Shot You Down / Audio Bullys
21. Let Me Love You / Mario
22. We Belong Together / Mariah Carey
23. Get Right / Jennifer Lopez
24. Over And Over / Nelly Featuring Tim McGraw
25. Don't Phunk With My Heart / The Black Eyed Peas
26. Dare / Gorillaz
27. We Be Burnin' / Sean Paul
28. Since U Been Gone / Kelly Clarkson
29. Candy Shop / 50 Cent Featuring Olivia
30. Lyla / Oasis
31. Stickwitu / The Pussycat Dolls
32. Pon de Replay / Rihanna
33. Crazy Chick / Charlotte Church
34. The Importance Of Being Idle / Oasis
35. Dakota / Stereophonics
36. Gold Digger / Kanye West Featuring Jamie Foxx
37. My Humps / The Black Eyed Peas
38. Rock Ya Body (Mic Check 1,2) / M.V.P
39. 1 Thing / Amerie
40. Doctor Pressure / Mylo vs Miami Sound Machine
41. Speed Of Sound / Coldplay
42. Somewhere Else / Razorlight
43. No Worries / Simon Webbe
44. Like Toy Soldiers / Eminem
45. 1,2 Step / Ciara Featuring Missy Elliott
46. Hollaback Girl / Gwen Stefani
47. Rich Girl / Gwen Stefani Featuring Eve
48. Falling Stars / Sunset Strippers
49. Hate It Or Love It / The Game Featuring 50 Cent
50. Wake Me Up When September Ends / Green Day


2005年に一番売れたシングルはトニー・クリスティーのAmarilloとなりました。この曲はコミックリリーフチャリティシングルとしてリリースされたので、その時点でヒットするのは確実だったんですが、PVにコメディアンのPeter Kayが出演してたことも話題となり、7週連続1位となり、結局今年唯一のミリオン達成も成し遂げました。30年前にリリースしたものをこれだけのリバイバルヒットにつなげたんですから、すごいですよね。

2位はクリスマスナンバー1を獲得したシェイン・ウォードのThat's My Goal。わずか11日間で87万枚を売り上げて年間2位となってしまったんですが、オーディション人気の凄さを改めて示すことになりました。オーディション優勝してすぐにシングルリリースしたっていうのは商業的だな〜とは思いましたが、デビューアルバムに関してはじっくり作ってほしいなと思いますね。

3位はクレイジー・フロッグのAxel F。着メロが1位になったということで凄い話題となり、結局4週間も1位になったんですが、世界的にもちょっと話題になりましたね。元々着メロをもっと浸透させようと思って作られたものみたいなんですが、予想以上のヒットになったみたいです。そういえば、ブッチの携帯のメール着信音には未だにこれの着うた使ってるんですよね。そろそろ変えるべきかな?

4位はジェイムス・ブラントのYou're Beautiful。UKの週間チャートで1位になるのってだいたい初登場で1位になるし、去年はそれが全てだったんですが、この曲はじわじわとチャートを上がって1位になったという近年稀にみるものとなりました。この曲のおかげでアルバムは年間1位になったぐらいだし、2005年を代表する1曲とも言えるでしょうね。ブッチにとっての2005年一番のお気に入り曲ともなりました。

5位はプッシーキャット・ドールズのDon't Cha。なんでUKでこれだけのヒットになったのかはよく分からないんですが、アメリカでヒットしていた煽りを受けてのヒットということになるのでしょうね。この曲とStickwituはどちらも1位獲得したわけですし、UKでの人気は確立したのでしょうが、ちょっと一時的な人気だけってのも感じるんですよね。でも、今後もこの人気を持続してもらいたいものです。

今年は意外な曲が1位をとったりすることが多かったですよね。1位をとったトニー・クリスティもそうだし、クレイジー・フロッグ、ジェイムス・ブラント、プッシーキャット・ドールズ、ダニエル・パウター、Nizlopiなど色々いましたね。新人バンドとして異例の初登場1位を獲得したアークティック・モンキーズは鮮烈でしたしね。その他にもエイコン、ケリー・クラークソンなんかのアメリカのアーティストがUKでまさかのブレイクなんてのもありましたし、面白い1年だったなと思いました。2006年も面白い曲が誕生するといいなと思いますね。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Year-End Chart

BBC UK Album Chart (2005 Year-End)

BBC UK Album Year-End Chart top 40

backtobedlam1.jpg

01. Back To Bedlam / James Blunt (2,368,000枚)
02. X&Y / Coldplay (1,999,000枚)
03. Intensive Care / Robbie Williams (1,434,000枚)
04. Employment / Kaiser Chiefs (1,312,000枚)
05. Demon Days / Gorillaz (1,205,000枚)
06. Face To Face / Westlife (1,143,000枚)
07. Eye To The Telescope / KT Tunstall (1,018,000枚)
08. Breakaway / Kelly Clarkson (953,000枚)
09. Curtrain Call: The Hits / Eminem (926,000枚)
10. Forever Faithless: The Greatest Hits / Faithless (915,000枚)
11. Piece By Piece / Katie Melua (869,000枚)
12. Hot Fuss / The Killers (859,000枚)
13. Don't Believe The Truth / Oasis (848,000枚)
14. Ancora / Il Divo (840,000枚)
15. Hung Up / Confessions On A Dance Floor / Madonna (830,000枚)
16. American Idiot / Green Day (814,000枚)
17. Scissor Sisters / Scissor Sisters (787,000枚)
18. Hopes And Fears / Keane (757,000枚)
19. Never Forget - The Ultimate Collection / Take That (755,000枚)
20. Love. Angel. Music. Baby. / Gwen Stefani (746,000枚)
21. Monkey Business / The Black Eyed Peas (689,000枚)
22. Taller In More Ways / Sugababes (640,000枚)
23. Life In Slow Motion / David Gray (625,000枚)
24. The Singles / Basement Jaxx (595,000枚)
25. PCD / The Pussycat Dolls (574,000枚)
26. G4 / G4 (573,000枚)
27. In Your Honor / Foo Fighters (571,000枚)
28. Definitive Collection / Tony Christie (561,000枚)
29. The Massacre / 50 Cent (554,000枚)
30. In Between Dreams / Jack Johnson (531,000枚)
31. The Emancipation Of Mimi / Mariah Carey (527,000枚)
32. Tourist / Athlete (499,000枚)
33. Trouble / Akon (487,000枚)
34. Keep On / Will Young (478,000枚)
35. Their Law - The Singles / The Prodigy (468,000枚)
36. Ultimate Collection / Eurythmics (453,000枚)
37. Language, Sex, Violence, Other / Stereophonics (451,000枚)
38. The War of the Worlds / Jeff Wayne (446,000枚)
39. The Magic Numbers / The Magic Numbers (444,000枚)
40. Greatest Hits / Mariah Carey (439,000枚)


UKを制したのは前々から分かってたことですが、ジェイムス・ブラントということになりました。トータルセールスは現在までに240万枚を超えていて、UKの過去10年間のセールスでは15位に位置するというメガヒットとなりました。まだまだセールスは伸びてる状況ですし、300万枚突破も夢ではないだろうなとブッチは思ってます。これだけヒットしたんですから、今後大きな期待を抱かれると思うんですが、頑張ってほしいですよね。

2位はコールドプレイ。ジェイムス・ブラントが出てくる前はこのアルバムが年間1位になると思ってたんですけどね。分からないものです。それでも結局セールスは200万枚以上となる好セールスとなりました。アメリカを始め世界的に大ヒットとなったわけですし、去年は素晴らしい年になったんでしょうね。

3位はロビー・ウィリアムス。わずか2ヶ月のセールスでトップ3入りというのはさすがですね。あのクリスマス商戦でセールスを伸ばしたのが効いて滑り込みのトップ3入りだったんですよね。チケットのソールドアウトの記録を作ったり、カレンダーが爆発的なヒットを記録したり、ロビーは参加しないけどTake Thatの再結成など、ロビー関連で物凄い盛り上がりを見せました。やはりUKの国民的アイドルは凄かったってことなんでしょう。

その他を簡単に見てみると新人バンドで一番成功したのはカイザー・チーフスとなりました。ブッチはかなり気に入ったバンドでもあるし、今後もいいアルバム作ってほしいと思いますね。10月のパワープッシュアーティストで紹介したKT Tunstallも堂々の7位に、そしてUKで大ブレイクを果たしたケリー・クラークソンはまさかの8位、12月発売だったエミネムのベストアルバムは直前にセールスを大きく伸ばしたこともあり、9位となりました。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Year-End Chart

2006年01月06日

Billboard Top Selling Album 2005

Billboard Top 20 Selling Albums 2005

mimi.jpg

01. The Emancipation Of Mimi / Mariah Carey (4,969,000枚)
02. The Massacre / 50 Cent (4,853,000枚)
03. Breakaway / Kelly Clarkson (3,496,000枚)
04. American Idiot / Green Day (3,360,000枚)
05. Monkey Business / The Black Eyed Peas (3,037,000枚)
06. X&Y / Coldplay (2,615,000枚)
07. Feels Like Today / Rascal Flatts (2,511,000枚)
08. Love.Angel.Music.Baby / Gwen Stefani (2,505,000枚)
09. Late Registration / Kanye West (2,414,000枚)
10. Documentary / The Game (2,276,000枚)
11. Now 20 / Various Artists (2,060,000枚)
12. Hot Fuss / The Killers (2,041,000枚)
13. Now 19 / Various Artists (1,972,000枚)
14. All The Right Reasons / Nickelback (1,957,000枚)
15. The Road & The Radio / Kenny Chesney (1,817,000枚)
16. In Between Dreams / Jack Johnson (1,758,000枚)
17. Be Here / Keith Urban (1,714,000枚)
18. From Under The Cork / Fall Out Boy (1,654,000枚)
19. Mezmerize / System Of A Down (1,646,000枚)
20. Some Hearts / Carrie Underwood (1,637,000枚)


ビルボード年間チャートはすでに書いたんじゃないの?と思った人いると思いますが、これは去年1年間の純粋な年間チャートです。去年発表されてたビルボード年間チャートは2004年の12月から2005年の11月の集計でしたが、このチャートは去年1年間のトータルセールスのチャートとなってます。だから1位が変わってます。

1位が変わったのもそうなんですが、わずか1ヶ月違うだけでトップ20の順位はかなり違うことがお分かりになると思います。これは察しはつくでしょうが、12月というのはとにかくCDセールスが伸びますし、そのおかげでマライアが年間1位にもなりました。こういうチャート見ると集計期間は変えるべきなんだろうな〜と思うんですけどね。UKチャートはきちんと1年間のを集計してますしね。

それにしても週間チャートで今年トップ3に入ってないケリー・クラークソンがこのチャートで3位になってるのは驚きですよね。チャート初登場から未だにトップ20落ちしてないってのが凄いことなんですが、シングルヒットがセールスを伸ばしたのは言うまでもありません。トップ5に入ってるアルバムは全部ヒット曲を2,3曲出してるし、シングルカットが良いか悪いかでやはりアルバムセールスに響いてくるんですね。去年はそれが色濃く出たんだろうな〜と感じました。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Year-End Chart

2005年12月31日

United World Singles Chart (2005 Year-End)

Global Track 2005 Year-End Chart top 40

boulevardofbrokendreams.jpg

01. Boulevard Of Broken Dreams / Green Day
02. Don't Phunk With My Heart / The Black Eyed Peas
03. We Belong Together / Mariah Carey
04. Don't Cha / The Pussycat Dolls Featuring Busta Rhymes
05. La Tortura / Shakira Featuring Alejandro Sanz
06. You're Beautiful / James Blunt
07. Speed Of Sound / Coldplay
08. Let Me Love You / Mario
09. Hung Up / Madonna
10. Lonley No More / Rob Thomas
11. Incomplete / Backstreet Boys
12. Hollaback Girl / Gwen Stefani
13. Feel Good Inc. / Gorillaz
14. Bad Day / Daniel Powter
15. Lonely / Akon
16. Wake Me Up When September Ends / Green Day
17. Candy Shop / 50 Cent Featuring Olivia
18. Get Right / Jennifer Lopez
19. Rich Girl / Gwen Stefani Featuring Eve
20. Don't Lie / The Black Eyed Peas
21. Pon de Replay / Rihanna
22. Since U Been Gone / Kelly Clarkson
23. Numb/Encore / Jay-Z & Linkin Park
24. Tripping / Robbie Williams
25. What You Waiting For / Gwen Stefani
26. Behind These Hazel Eyes / Kelly Clarkson
27. Lose My Breath / Destiny's Child
28. 1,2 Step / Ciara Featuring Missy Elliott
29. Axel F / Crazy Frog
30. She Will Be Loved / Maroon 5
31. Photograph / Nickelback
32. Gold Digger / Kanye West Featuring Jamie Foxx
33. Cool / Gwen Stefani
34. Vertigo / U2
35. My Humps / The Black Eyed Peas
36. Switch / Will Smith
37. Over And Over / Nelly Featuring Tim McGraw
38. We Be Burnin' / Sean Paul
39. Drop It Like It's Hot / Snopp Dogg Featuring Pharrell Williams
40. I Believe In You / Kylie Minogue


というわけで、こちらもグリーン・デイが1位を獲得し、アルバムとの2冠を達成しました。このチャートでは通産7週1位を獲得し、33週間もこのチャートにランクインしたロングヒット曲となりました。このチャートからすると今年はグリーン・デイの年になったってことになるんでしょうね。

2位になったのはブラックアイドピースのDon't Phunk With My Heart。この曲はこのチャートで11週連続1位になったんですよね。その後もシングルカットされた曲がヒットして、結局この年間チャートに3曲も送り込んできました。シングルを世界的にコンスタントにヒットさせたアーティストはブラックアイドピースと思います。4枚目のシングルがPump Itになりましたが、来年ヒットするんでしょうね。

そして、このチャートに最も多くヒット曲を送り込んだのがグウェン・ステファーニで4曲もトップ40に入ってます。去年アルバム出したときより今年になってからの方が注目増してる感じなんですが、来年は赤ちゃんも生まれるみたいですし、私生活でハッピーになれそうですね。やっぱり仕事が充実してるとプライベートも充実するものなのかな?

こうやってみると本当色々とヒット曲ありましたね。来年も面白い曲に数多く出会えるといいですね。楽しみにしたいと思います。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 22:50 | Comment(1) | TrackBack(1) | Year-End Chart

United World Album Chart (2005 Year-End)

Global Album 2005 Year-End Chart top 40

americanidiot.jpg

01. American Idiot / Green Day (7,986,000枚)
02. X&Y / Coldplay (7,766,000枚)
03. The Massacre / 50 Cent (7,120,000枚)
04. The Emancipation Of Mimi / Mariah Carey (6,972,000枚)
05. Monkey Business / The Black Eyed Peas (6,090,000枚)
06. Breakaway / Kelly Clarkson (5,493,000枚)
07. Love. Angel. Music. Baby. / Gwen Stefani (4,685,000枚)
08. Back To Bedlam / James Blunt (4,462,000枚)
09. Demon Days / Gorillaz (4,079,000枚)
10. Confessions On A Dance Floor / Madonna (4,031,000枚)
11. Hot Fuss / The Killers (3,487,000枚)
12. Intensive Care / Robbie Williams (3,386,000枚)
13. It's Time / Michael Buble (3,050,000枚)
14. Curtrain Call: The Hits / Eminem (2,967,000枚)
15. Late Registration / Kanye West (2,933,000枚)
16. How To Dismantle An Atomic Bomb / U2 (2,899,000枚)
17. In Between Dreams / Jack Johnson (2,821,000枚)
18. The Documentary / The Game (2,725,000枚)
19. Mezmerize / System Of A Down (2,618,000枚)
20. Il Divo / Il Divo (2,515,000枚)
21. All The Right Reasons / Nickelback (2,479,000枚)
22. Encore / Eminem (2,459,000枚)
23. Fijacion Oral Vol.1 / Shakira (2,293,000枚)
24. Songs About Jane / Maroon 5 (2,274,000枚)
25. Never Gone / Backstreet Boys (2,198,000枚)
26. In Your Honor / Foo Fighters (2,187,000枚)
27. Amarantine / Enya (2,123,000枚)
28. Genius Loves Company / Ray Charles (1,922,000枚)
29. The Road And The Radio / Kenny Chesney (1,779,000枚)
30. Ancora / Il Divo (1,775,000枚)
31. ケツノポリス4 / ケツメイシ (1,728,000枚)
32. Confessions / Usher (1,705,000枚)
33. Rebirth / Jennifer Lopez (1,639,000枚)
34. PCD / The Pussycat Dolls (1,632,000枚)
35. #1's / Destiny's Child (1,615,000枚)
36. Have A Nice Day / Bon Jovi (1,600,000枚)
37. Hopes And Fears / Keane (1,597,000枚)
38. Some Hearts / Carrie Underwood (1,538,000枚)
39. 歌バカ: Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95 - '05 / 平井堅 (1,509,000枚)
40. Piece By Piece / Katie Melua (1,488,000枚)


年間チャートの最強版とも言えるのがこのチャートだと思いますが、今年世界で一番売れたアルバムはグリーン・デイのAmerican Idiotとなりました。このアルバムは去年発売されたアルバムなんですが、結構いい時期にリリースされたとも言えて、リリースされた2ヵ月後にはグラミーのノミネートでセールスが伸び、グラミー賞を受賞して、またまたセールスが伸びという感じであっという間に500万枚以上をセールス、その後色々な賞を受賞するごとにセールスを伸ばし、結局今までに1100万枚以上を記録してます。

このアルバムから5曲シングルカットされたわけですが、どれもヒットしましたし、Wake Me Up When September Endsのミュージックビデオが反戦を訴えるストーリービデオとなっていて話題にもなりました。なので文句なしでしょうね。今年はロックがかなり頑張りましたが、その先頭にたってたのはグリーン・デイってことにもなるのでしょう。

2位には初動セールスがUK歴代2位を記録したコールドプレイのX&Y。世界トータルの初動セールスでもこのアルバムがダントツの1位で1,643,000枚を記録しました。近年アメリカで一番成功したUKのアーティストとなってますが、全世界でこのアルバム売れましたし、次のアルバムでさらなる記録が狙えそうですね。

後、今年新人アーティストで一番売れたのはやはりジェイムス・ブラントになりました。UKだけでなく世界中でこのアルバムが売れましたし、当然でしょうね。トップ10見るといろいろなジャンルが混ざってるって感じになってますし、来年も一つのジャンルが流行るのではなく、様々なジャンルのアルバムが注目、ヒットすればいいなと思います。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 14:23 | Comment(1) | TrackBack(2) | Year-End Chart

2005年12月28日

US & Europe Digital Song Chart (2005 Year-End)

US Digital Song 2005 Year-End Chart

hollabackgirl.jpg

01. Hollaback Girl / Gwen Stefani
02. Since U Been Gone / Kelly Clarkson
03. Boulevard Of Broken Dreams / Green Day
04. Mr. Brightside / The Killers
05. Beverly Hills / Weezer
06. Don't Phunk With My Heart / The Black Eyed Peas
07. Gold Digger / Kanye West Featuring Jamie Foxx
08. Switch / Will Smith
09. 1,2 Step / Ciara Featuring Missy Elliott
10. You And Me / Lifehouse


Europe Best Selling Downloads 2005 Year-End Chart

yourebeautiful.jpg

01. You're Beautiful / James Blunt
02. Hung Up / Madonna
03. Bad Day / Daniel Powter
04. Push The Button / Sugababes
05. Feel Good Inc. / Gorillaz
06. Don't Cha / The Pussycat Dolls Featuring Busta Rhymes
07. Gold Digger / Kanye West Featuring Jamie Foxx
08. I Like The Way / Bodyrockers
09. Speed Of Sound / Coldplay
10. Dare / Gorillaz


本当は別々に書こうとは思ってたんですが、一緒に書いた方が比較しやすいですし、まとめて書いてみました。このチャートは去年だったら書かなかったと思うんですが、今年はダウンロード数が飛躍的に伸びましたし、今やチャートに反映されるようになったので、紹介することになりました。ヨーロッパでは今年のシングル販売の70%をダウンロードが占めてたそうです。去年は25%だったみたいなので、1年間でどれだけ伸びてるかってのがよく分かりますね。

両方に共通していえることはポップスやロックの曲がダウンロードでは人気ってのがよく分かります。なので、アメリカはチャートにちょっとした変化ありましたよね。今まではエアプレイが高くないとチャートの上位にこれなかった感じだったので、ヒップホップ勢が常に上位って感じだったけど、ダウンロード数が多いアーティストが軒並み上位にくるってことになってました。1位になってるグウェンがいい例かも。

ヨーロッパだと例えばUKチャートの場合、セールスのみって感じだったので、セールス低調していた中で、1週ごとに入れ替わりが激しかった感じなんですが、ダウンロード数もチャートに反映するようになって、結構長くチャートにいる曲ってのが増えたように感じます。といっても10週も20週もいるって感じではないんですが、今回1位になってるジェイムス・ブラントのYou're Beautifulは未だにトップ50に入ってますから、チャートに大きな変化をもたらしたのは言うまでもありません。

それにしても、マドンナは3,4ヶ月の集計期間だったにも関わらずヨーロッパで2位なんですね。United World Chartでずっと1位になってますが、やはりダウンロードの影響が大きいんだろうな〜と思いますね。ダウンロード関連は来年さらに成長を遂げると思いますが、日本でももっと頑張ってもらいたいものですね。日本のiTunesの場合、限定ものを強調しすぎて、曲の充実度には力入れてないような気もしますし・・・。まあ、音楽に関して日本はかなり遅れてるイメージあるからいいんですけどね。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 14:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | Year-End Chart

2005年12月24日

Oricon洋楽アルバムチャート (2005 Year-End)

洋楽アルバム年間ランキングトップ30

discozone.jpg

01. Discozone / O-Zone (810,000枚)
02. Never Gone / Backstreet Boys (528,000枚)
03. Destiny Fulfiled / Destiny's Child (487,000枚)
04. #1's / Destiny's Child (365,000枚)
05. Greatest Hits: My Prerogative / Britney Spears (346,000枚)
06. Monkey Business / The Black Eyed Peas (295,000枚)
07. Have A Nice Day / Bon Jovi (263,000枚)
08. The Emancipation Of Mimi / Mariah Carey (259,000枚)
09. I Believe / Tata Young (257,000枚)
10. Songs About Jane / Maroon 5 (247,000枚)
11. Rebirth / Jennifer Lopez (245,000枚)
12. Greatest Hits / The Offspring (233,000枚)
13. Don't Believe The Truth / Oasis (228,000枚)
14. Encore / Eminem (226,000枚)
15. Greatest Hits / Sweetbox (206,000枚)
16. V.I.P. Presents Dancehall Lovers Second Season Hot Reggae Trax / Various Artists (201,000枚)
17. Wannabe! / Various Artists (200,000枚)
18. In Between Dreams / Jack Johnson (182,000枚)
19. MTV Ultimate Mash-Ups Presents: Collision Course / Jay-Z/Linkin Park (177,000枚)
20. X&Y / Coldplay (168,000枚)
21. American Idiot / Green Day (166,000枚)
22. How To Dismantle An Atomic Bomb / U2 (159,000枚)
23. Dynamite / Jamiroquai (154,000枚)
24. Most Wanted / Hilary Duff (125,000枚)
25. The Trinity / Sean Paul (124,000枚)
26. Back Home / Eric Clapton (119,000枚)
27. What's Up?: Hip Hop Greatest Hits V / Various Artists (118,000枚)
28. Music Of The Sun / Rihanna (117,000枚)
29. Best Hits 80's / Various Artists (116,000枚)
30. The Story Goes... / Craig David (114,000枚)


今年の洋楽チャートを制したのはオゾンでした。8週連続を含む通算9週1位になってましたし、今年は良い意味でも悪い意味でも話題になりましたし、前々から年間1位は分かってたようなものですから、当然でしょうね。売上も2位と約30万枚差の81万枚ということで、他を圧倒してたってのもよく分かります。でも、来年以降は忘れ去られるんだろうな〜というのはお約束なんでしょうが。

今年久々に活動を再開したバックストリートボーイズ、解散したデスティニーズ・チャイルド、結婚、出産を経験したブリトニーといったこれまた話題になった人達がトップ5を占めています。デスチャが意外とセールスいいのがびっくりでしたが、よく考えれば久々にアルバム出したかと思えば、1年もたたずに解散になったから、話題性はかなりのものがあったっていうことですね。

オゾンがまさかの大ブレイクというのが今年の洋楽の象徴となったわけですが、来年は何がヒットするんでしょうね?とにかく突拍子もなく流行るってことが日本では多いですからね。何が流行るのか楽しみにしたいと思います。

もしよければbanner_04.gifをクリックしてくれると嬉しいです。
posted by ブッチ at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Year-End Chart

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。